決済代行とエスクローの違い

決済代行とエスクロー、どっちがお得?

クレジット払いに便利

決済代行と切っても切れないのが「クレジットカード」です。

決済代行の一番有名な役割は、決済ツールを導入したいいろんなお店やネットショップとクレジットカード会社の間に入り、クレジットカード決済や口座振替などのさまざまな決済手段を提供するということです。
ここ数年のお店での買い物はもちろん、ネットショップにおいては決済は必要不可欠なものになりつつあります。
特にカードでの支払いは現金払いよりも、支払い方法の中で占める割合が非常に高くなっております。
そこで、売り上げや客数の多い店やネットショップは、カード決済を導入して、さらなる売り上げアップにつなげようと考えています。
現に、カード決済を導入した店の多くが売り上げが増加しています。

決済代行の役目

一方で、カード決済を導入するために各店舗やネットショップ自らがカード会社と直接契約することは非常に難しいとされています。
その理由として挙げられているのは、もし契約までこぎつけるには、ネットショップ側が自ら、高度なセキュリティシステムを構築しないといけないからです。
それにはもちろん、大きな時間やコストが必要になってきます。

そんな手間を省かせてくれるのが、決済代行なのです。
決済代行会社に依頼すると、そのような問題があっという間に解消されます。
また、さまざまなセキュリティの措置などカード決済がスムーズに出来るようにします。

ここまで読んでいただいてお分かりのように、決済代行はクレジットカードの利用に欠かせない非常に便利なものなのです。


この記事をシェアする